シェアする

仕事外で交流を持つ「ナイトライフ」のススメ☆初対面で誰とでも仲良くなる方法

lights-party-dancing-music

仕事にあふれた生活から脱却し、刺激のある毎日を目指すナイトライフ。アフターファイブで、普段は関わらないような人たちが雑多に音楽に身も心も預けて、楽しむのは”オトナ”の特権ともいえるでしょう。クラブや、ライブハウスで朝まで何もかも忘れられる。もちろん、素敵な出会いもあるかもしれない…。

しかし、ビギナー、あるいは慣れない人たちがナイトライフに出かけると想像している以上に楽しむことができないのが事実です。クラブで馴染めないのは地獄です。空気が読めずに楽しめず、始発がくるまでの数時間をひたすら待たなきゃいけないわけですから。

初めて、ナイトライフに挑戦するという方に向けて贈りたい!そんなクラブに行く前の準備と、困った時に使える魔法のフレーズを幾つか紹介していきます。

ナイトライフ情報はこちら

pexels-photo-70252

■ ナイトライフに出かける前に。

夜遊びだ!と勢いよく出かけてみても、思ったよりも雰囲気が違うと急に気持ちも萎縮してしまうものですよね。まず、ナイトライフに出かける前に準備しておきたいポイントをとどめておきましょう。

ドレスコードの確認

日本のクラブではドレスコードで×をもらうことは滅多にありませんが。イベントによっては、盛り上がるアイテム(ピンクアイテム、サンタコスなど)が決まっていて、それを身につけていくと割引になったりもします。フォーマルな格好である必要はありませんが、基本短パン、サンダルなどは不可となります。

予算を決めて、現金を下ろす

クラブではカードではなく、現金で払うことが普通となる場合もあります。男性の場合は、ケースによって女性に奢った方が場が和むようなことがあるので、なるべく余裕をもって下ろしておくようにしましょう。しかし、あまりに調子乗りすぎると使いすぎてしまうため、きちんと予算を決めておくようにしましょう。

できれば経験者と行く

初心者だけで行くと、いまいちクラブの雰囲気をつかむまでに時間がかかってしまったり、マナーに反するようなこともしてしまいがちとなります。熟練者と行くときには、エントランスが無料になったり、友だちを紹介してもらったりすることもできます。それだけで、楽しさが倍増するものです。

お酒は飲み過ぎず、ほろ酔いで

クラブに行く前は景気付けに少し、お酒を飲んで行くと楽しめます。誰かと交流したいと思っているなら、余計に声をかけやすくなるものです。しかし、飲み過ぎには注意しましょう。クラブでゲロを吐いてしまうと出禁になるだけでなく、賠償金を請求されて大変なことになりかねないものです。

貴重品はなるべく持ってかない

クラブへは、財布とスマホだけを持って出かけましょう。日本で安全であるとはいえ、盗難の被害などは少なくありません。荷物は必ずロッカーに預けるか、持ってこないようにしましょう。

ナイトライフ情報はこちら

pexels-photo-70252

■ 「話しかけたい!」魔法のフレーズ

気になる人がいれば話しかけてみたくなるものですよね。こうしたカジュアルな場であるからこそ、出会える人・関係というのもあるものです。しつこいナンパや、クラブ会場全体に声をかけていると嫌われますが。本当に話しかけたい人には思い切って声をかけましょう。

ここでは、実際に筆者がクラブで声をかけている時に使っているフレーズを紹介していきます。

「友だちときてるん?」

まずは彼氏ときているかチェックは最優先です。相手が既にいる人に声をかけてしまうと、なかなか面倒なことになりかねません。友だちと来ていたら、「こっちも友だちときてるんだけど、一緒に飲まない?」とまず1対1を避けることで安心してもらうのです。

「よくくるん?」

これはオーソドックスですが、第一声で相手の調子を確認するには十分なものとなります。そこから、どこのクラブがいいかとか教えあったり、今日はなんで来たかなど広げていくのがコツです。

「お、久しぶり!」

久しぶりでもないのに、久しぶりと声をかける。これは結構効果的だったりします。相手は本当にいろんな人にあっているはずなので、自分とどこかで会ったことがあると考えてくれるものです。そこから、「あ、勘違いだった。」となっても、会話が続いていれば、仲良くなったりするものです。

「ダンス、うまいね〜」

相手を褒めるというのは、悪い気はしないですよね。踊っている人に声をかける場合には、効果的かもしれません。他にも服装や、容姿を褒めるというのも使えます。

「〇〇(芸能人)に似てるね」

こちらも一般的に使われるものですが、注意しなきゃいけないのはこの芸能人が万人受けするものかどうかです。ちょっぴりコアなYOUTUBERなどを使って、「え?知らないの?」これこれとスマホを一緒にみたりすると仲が深まりますよね。

ナンパというと聞き覚えが悪いものですが、ちょっとでも仲良くなって交友関係が広まっていくのは悪いことではありませんよね。クラブはノイズが激しいので、シンプルな言葉を選んで伝えることを心がけましょう。

ナイトライフ情報はこちら
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク