シェアする

みんな何並んでるの?表参道の行列がヤバすぎて、まるでディズニーランド。

渋谷区表参道、ここは都内でもNo.1なファッションシティ。ディナーやランチで行くにしたって、お買い物にしたってファッショナブルなものに訪れていくことができます。そのターゲット層は、女子高生からOL、マダムまで。お店だけでなく、エリア全体で心ゆくまで堪能することができるので、休日のお出かけにはモッテコイなんですね。

かくいう、筆者はこの表参道エリアにウロウロし始めて、これで5年目にもなるもの。ファッションが重視されるので、その移ろいは容赦なく目撃してきたものですが。今回は、表参道名物でもあるディズニーランド現象をご紹介していこうと思います。というのも、実際に歩いてみると分かるのですが、まるでディズニーランドのアトラクションを待つように、行列が続いているのを見ることができます。

それでは、そんな表参道ディズニーランドを順々と見ていきましょう。

machiawaseme

表参道・原宿エリアは、今増えている外国人観光客にとっても人気なんです。英語ができそうな顔をしていて歩いていると、ついつい道案内をしてくれと声をかけられてしまうかもしれませんね。あちこち歩いて回るには、ちょうど30分もあれば十分。しかし、かわいいお店もあって、寄りつつ楽しみつつをやっていれば、朝から晩まであっても足りないかも。

harajuku

1. Garrett Popcorn Shops

原宿駅を、表参道経由で下っていくとすぐに、ほんのり”甘い香り”を感じることができるはず。その正体は、アメリカ・シカゴ発のポップコーン。本家でも、半世紀以上に渡って、行列が途絶えることはないんだとか。鮮度が命のギャレットポップコーンは、郵送ではダメ、何時間並んででも、出来立てを食べたいですね。

新鮮な出来たばかりのポップコーンに、プロの技でたんと熟成された濃厚なチェダーチーズをたっぷり溶かした「チーズコーン」。それから、甘い香りの大本命、キャラメルの原料からトロトロに煮詰めてコーディングされた、カリカリな「キャラメルクリスプ」。この両方を一緒に楽しむことができる「シカゴミックス」は極上の味。

Garret Popcorn Shops 原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前1丁目13-18
営業時間:10:00 – 21:00
公式サイト:http://jp.garrettpopcorn.com/accessinfo/harajuku

2. iQOS

iQOSって知っていますか?いま、愛煙家のなかで話題となっているこの加熱式タバコ「iQOS」。加熱タバコとはタバコの葉を電気で温めて加熱することによって蒸気を発生させます。そんなわけで、タバコが嫌煙されたいた「臭い」や「煙」が全然出ないようになるのです。どうやら、フィリッピモリス社によれば、有害な成分も紙タバコに比べて、大幅に削減されているみたい。

話題の渦中にあるiQOSを買おうと思っても、最近は品薄でなかなかどこでも手に入るわけではありません。そんな中で立地条件も最高なiQOSの原宿店は大人気です。整理券を渡されて、数時間待つことは当たり前の勢いで並ばなければなりません。

iQOSストア 原宿
住所:東京都渋谷区神宮前1-13-8
営業時間:11:00 – 21:00
公式サイト:https://www.iqos.jp/store-locator

3. Eggs’n Things

パンケーキといえば、Eggs’n Things(エッグスインシングス)。1974年にハワイで始まって以来、地元の人たちだけでなく、ハワイへ訪れる人たちの心を奪っていきました。「原宿パンケーキブーム」の火付け役は、まさにこのEggs’n Thingsがはじまりだったと言い切れるでしょう。

朝でも、昼でも、夜でもたっぷりのホイップクリームを満足いくまで味わうことができます。立地や内装にもこだわりがあり、行列を作って待っている人がいるのが分かっていても、ついついアロハ〜♪な気分になってしまうことも。おやつの時間に合わせようと思ったら、お昼くらいにはいかないとダメかも。。

Eggs’n Things 原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前4-30-2
公式サイト:http://www.eggsnthingsjapan.com/store/harajuku.html

4. Goro’s

表参道でランドマーク、象徴的な存在となっている建物といえば、TOKYU PLAZA。その目の前から裏原宿方面〜表参道まで、ずーーーーっと続いてる謎の行列が毎日絶えません。パンケーキでも、ポップコーンでもない、この大人気を誇っているのがシルバーアクセサリの巨匠「Goro’s(ゴローズ)」。

SMAPの木村拓也も愛用するというGoro’sは、伝説の日本人とも呼ばれる高橋吾郎氏が生み出しました。彼がアリゾナで、現地のネイティブインディアンたちが作り出す銀細工を教えてもらうことになり、このシルバーアクセサリが始まりました。

「僕のつくった物が人の手に渡り、その人が歩む人生を僕も一緒に旅をするんだ。素晴らしい事だ。」
彼が残した言葉です。

Goro’s
住所:渋谷区神宮前4-29-4上田ビル
ファンサイト:http://www.5pr.net/goro/

5. MAX BRENNER

ガラス張りに、まるでチョコレートが実験のように配膳される光景を見ることができる。通りかかる人たちが、「いつか来よう、いつか来よう!」と思いながらも、その行列から気軽にはなかなか来れないのが、このイスラエル発の高級チョコレート店であるMAX BRENNER(マックスブレナー)です。

チョコレートの食べ方は、バラエティに富んでいろいろ楽しめるものです。マシュマロや、イチゴ、バナナをチョコレートにディップしたり、ピッツァと一緒にこんがり焼いてみたりと、チョコを食べて、つけて溶かして飲んでと何でもありなのです。

炙ったマシュマロにチョコレートをたっぷりつけて…♡ #maxbrenner #chocolatefondue #classiceuropeanfondue #mashmallow

MAX BRENNER Japanさん(@max_brenner_japan)が投稿した写真 –

MAX BRENNER CHOCOLATE BAR 表参道ヒルズ店
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館 1F
食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13162665/

6. Cafe Kaila

キャットストリート入り口にある、アロハな雰囲気を醸し出しているカフェ。こちらもまた、Eggs’n Thingsと人気を双肩しているパンケーキのお店となっています。店内はGYREビル内に入っていて、「室内か…」と思いきや、店員さんのハワイアンな格好に、気分はやっぱり、バッチリ南国へ♪

このカフェを発起したのは、当時小学校の先生だったというカイラさん。もともと好きだった料理に、”愛情”という名のスパイスを吹き込み、2007年にオープンしました。朝食だけでなく、昼も夜もボリュームのある食事を堪能していくことができるようになっています。

カフェ・カイラ表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1
公式サイト:http://www.cafe-kaila.com/shop/omote.html

7. ICE MONSTER

夏は当然、夏じゃなくても食べたくなってしまうのが、このICE MONSTERのうまそすぎるかき氷。その代表的なアイスは、マンゴーかき氷。1997年に始まった、このICE MONSTERは人々がマンゴーかき氷を食べて喜ぶ姿を見て、「これだ!」と確信しました。最初は台北で始まったこのアイスのお店も、全世界に向けて走り始めました。

新食感を楽しむ事もできれば、価格もまあまあ破壊級なもので。マンゴーかき氷の値段は一つ1,500円。それでも、窓越しで美味しそうに食べている女子高生たちを見ていると、いつか、いつかと思いを馳せてしますものなのですよね。さっぱりスイーツです♪

ハロー你好! 8月26日(金)より、アイスモンスター秋限定メニュー「ハニーミルクかき氷」を、表参道店・グランフロント大阪店で発売!! ハチミツとミルクのやさしい甘さのふわふわかき氷に、さっぱりとしたヨーグルトアイスと、カモミールハーブゼリー、ハチミツ漬けしたレモンスライスをトッピング。さらにアカシアハチミツシロップを上からかけることで、はちみつの贅沢な甘さとヨーグルトアイスの酸味が絶妙なバランスで味わえます。上品でスッキリとした秋限定「ハニーミルクかき氷」を食べると、夏の疲れが吹き飛ぶこと間違いなし! #icemonster #アイスモンスター #かき氷 #秋メニュー #限定 #アイスモンスター表参道 #アイスモンスター大阪 #shaveice #honeymilk #honey #ハチミツ #ハチミツレモン #ヨーグルトアイス

アイスモンスターさん(@icemonster.jp)が投稿した写真 –

ICE MONSTER OMOTESANDO
住所:東京都渋谷区神宮前6-3-7
公式サイト:http://ice-monster.co.jp/

8.天丼てんや

え、てんや?チェーン店じゃないの?と思う人もいるかもしれません。しかし、この竹下通りを抜けた先にあるてんやがいつも行列!とても、チェーン店なのに気軽に食べられるようなところではありません。その正体は、やっぱり外国人観光客。アジアから欧米まで、このてんやに並ぶ外国人旅行客の列が止むことはありません。

創業1989年からはじまり、日本の伝統的な食文化である「天ぷら」の大衆化をコンセプトに、といって高いわけではなく、リーズナブルな価格で親しみやすい存在となっています。揚げたて・出来立てのこだわりは、外国人だけでなく、日本人にとっても嬉しい一品となっています。

天丼てんや 原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前4-31 原宿TKビル 1F
公式サイト:http://www.tenya.co.jp/

9. ASTRO HALL

アストロホールでは行列に並んでいるというよりは、良い席を取るために「待っている」。ここは、ライブ、コンサート、展示会、セミナー、ファッションショー、新製品の発表、イベント、パーティなど多様なスタイルに応じて利用することができるのです。

主には、アイドルやバンドのライブなどを待っている人たちが並んでいるみたいです。「爽快ロック」など現金曲が多いSilent Sirenがここでデビュー当時歌っていたこともあるんだとか。ほぼ毎日のようにコンサートや、イベントが行なわれているのでスケジュールを見て要チェック!

最前列にいます。笑 最KOHH!!!!! #Repost @kohh_t20 with @repostapp ・・・ @strainhustler @supadupaloo

Rui Machidaさん(@rui.official)が投稿した動画 –

原宿アストロホール
住所:東京都渋谷区神宮前4-32-12 ニューウェイブ原宿 B1
公式サイト:http://www.astro-hall.com/

10. レッドロック 原宿店

やわらかローストビーフ丼は、レッドロックを横切る通行人の心を絶対射止めないはずがない!このお店は、肉料理をメインとしたバルスタイルとなっていて、人気商品「ローストビーフ丼」だけではなく、「ワンポンドステーキ」、「ステーキ丼」、「ロコモコ」などなど、柔らかいお肉を中心に、赤ワインと一緒に堪能することができるようになっています。

竹下通りを抜けると、原宿観光案内所が見えるのですが。そこをもう少しだけ進んでみると、このレッドロックを見つけることができます。牛の顔が強烈に突き出ていて、行列ができています。幸せなお肉の味とも評されるローストビーフは一度は口にしておきたいものです!

レッドロック 原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前3-25-12 フジビル B1F
食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13184256/

11. 原宿餃子

表参道を歩いていると、外国人に声をかけることはよくあることなのですが。たいていは、「原宿餃子楼どこ?」といったものです。しかし、この原宿餃子楼の位置はけっこう入り組んだところにあって、よく原宿に来る人であってもすぐに案内できる人はそんなに多くはないのです。

しかし、途中まで来ると行列が見えて来るのですぐ分かります。安いし、美味しいということで、ほとんど行列が止むことはない原宿餃子楼。その味ばかりは食べてみないと分かりません。なんと深夜の4:30までやっているので、本当にすぐに食べたいと思ったら、終電後に行くのもよいかもしれませんね。

ラグビー観戦の後はこれ! #harajuku #原宿餃子楼 #餃子だいすき

Akiさん(@ak_oxford)が投稿した写真 –

原宿餃子楼
住所:東京都渋谷区神宮前6-2-4
公式サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13001284/

12. THE GREAT BURGER

アメリカンなハンバーガーを喰らいたい!なんて考えている人たちには、THE GREAT BURGERがオススメです。キャットストリートのメインではなく、裏路地にあるので見つけるのが難しいのですが、お店を見つけると、そのアメリカンな雰囲気にちょっぴり感動を覚えてしまうでしょう。

こだわり抜いた美味しいハンバーガーだけでなく、サンドイッチ、ホットドッグなどザ・アメリカンなワイルドなメニューが売りです。なんと世界のビールを常に24種類を用意しているという準備も万端で、気分転換を思いっきりできちゃいますね。

THE GREAT PHOTO! Photo thanks to @takanorimasada #thegreatburger

THE GREAT BURGERさん(@the_great_burger)が投稿した写真 –

THE GREAT BURGER
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-5 1F
公式サイト:http://www.the-great-burger.com/

13. HONEY MI HONEY

女の子が階段に一段ずつ並んでいる姿は、「行列」というよりは「芸術」。HONEY MI HONEYは「大人かわいい」をコンセプトに、キュート&セクシーなアイテムを提案しています。今や、芸能人モデルにも大人気のブランドとなっており、女の子の憧れとなっています。
お買い物を楽しみながら、カフェでゆっくりすることもできるようになっています。最近では、オンラインショッピングで服を買うなんて人も増えてきましたが、お店全体が”かわいい大人ピンク”に彩られていて、街へお出かけに出る楽しみというのを改めて教えてくれますね。

HONEY MI HONEY TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前6-2-6 原宿あかねビル2F
公式サイト:https://honey-mi-honey.com/

14. LUKE’S LOBSTER

キャットストリートに新しくやってきた東海岸の香り。それが、LUKE’S LOBSTER(ルークスロブスター)!名前の通り、見ただけでお腹が空いてしまうようなロブスターをガッと食べ突くことができるお店となっています。立ち寄った人なら、思わず二度見をしてしまうようなロブスターサンドと行列。

クラブロール、ロブスターロール、シュリンプロール。それぞれあって、シーフードロールは980円から。ハーフ&ハーフを選ぶことができて、これは1,280円。ドリンクも400円からつけることができます。このロブスターサンドに、ビールなんて考えただけで、気持ちよくなってきますね。

🍤 #lobsterroll #lobster #shrimp #lukeslobster_jp #lukeslobster #tokyo

@taekookanoが投稿した写真 –

LUKE’S 表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前6-7-1
食べログサイト:http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13181536/

表参道はディズニーランドのような、夢の国であるかどうかは分かりません。しかし、アトラクションを待つように、その美味しいグルメにいたるまで”お金を出す”こと以外の辛抱をしなくちゃいけません。それだけ、ありがたさというのが増していくものですし。デートや、友だちと待っている間、最近のことや、気になることについて話し合う時間を過ごすというのも、たまにはいいかも。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク